FP相談のデメリットは保険の押し売り

*
FPに保険相談するメリットとデメリット > デメリット > FP相談のデメリットは保険の押し売り

FP相談のデメリットは保険の押し売り

FP相談をするデメリットで想定できるのは保険の押し売りです。
ファイナンシャルプランナーはお客様に保険の契約をしてもらうことによってお金がもらえるシステムになっています。また会社のほうからノルマが設定されている場合もあるのです。
ですので多くの契約を取り付けようとするためについ押し売りをしてしまうこともあるのです。
しつこく勧誘の電話をかけてくることもあります。
しかしこのときに冷静に考えてください。
自分が契約書にサインをしない限りは契約が締結しないのです。ですので決して押されて契約をしないようにしてください。自分の意思で考える力が大事です。
また最近ではFP相談を無料でしている保険代理店などでも、押し売りは絶対にしないと宣言しているところもあります。
もしも万が一ファイナンシャルプランナーがそのようなことをした場合には保険代理店ほうに訴えてもいいというシステムを採用しているところもあるのです。
このようなところなら安心して相談できます。
この場合は一応おすすめの保険についてファイナンシャルプランナーは説明したり勧めたりするものの、決して契約を迫る事はありません。
一番困るのは自分の知り合いや友達などがファイナンシャルプランナーである場合です。
この場合は付き合いなどもあり、なかなか断れない場合もあるのですが、それでも自分の将来に関わることですので友達関係が崩れるなど考えずに不要であると判断したときは断ってください。

FP相談のデメリットは保険の押し売り関連ページ

FP相談のデメリットは契約するときの手数料
FP相談をすることのデメリットは手数料にあります。 ただこの手数料は契約するときに保険料とはまた別にファイナンシャルプランナーに支払いをしなければいけないというものではありません。 保険代理店のFP相談をした場合には契約 [...]
保険代理店のFPにFP相談をするデメリットとは
保険代理店のFPは多くの保険会社の中から相談者にぴったりの保険を紹介してくれますので、保険会社のFP相談よりもいいというイメージがあります。 しかしデメリットが何もないというわけではありません。 保険代理店では複数の会社 [...]
FP相談のデメリットはプラン内の保険のみの紹介
FP相談をするのはメリットだけしかないものと思われますが実はデメリットもあります。 それはプラン内の保険しか紹介してもらえないという点になります。 ただしこれは保険会社に所属しているファイナンシャルプランナーに相談した場 [...]