保険代理店のFPにFP相談をするデメリットとは

*
FPに保険相談するメリットとデメリット > デメリット > 保険代理店のFPにFP相談をするデメリットとは

保険代理店のFPにFP相談をするデメリットとは

保険代理店のFPは多くの保険会社の中から相談者にぴったりの保険を紹介してくれますので、保険会社のFP相談よりもいいというイメージがあります。
しかしデメリットが何もないというわけではありません。
保険代理店では複数の会社の保険を扱っているのですが、多く扱っているからこそ一つ一つの保険に対する知識は保険会社のファイナンシャルプランナーよりも薄い可能性があります。
保険会社のファイナンシャルプランナーは自分の会社の保険のことしか知る必要がありませんので一つの保険に対する知識が詳しいのです。
それに対して保険代理店のファイナンシャルプランナーの場合は広く浅い知識を有しています。
ですので実は一番ぴったりの保険を紹介してもらえていない可能性もあるのです。
ただこれは保険代理店だからという問題だけでもありません。
ファイナンシャルプランナー個人の能力の違いもあります。
長く勤務しており仕事に対するモチベーションがある方でしたら広く深い知識を持っていますのでどの保険も詳しく理解していますしその方にとっていい保険を紹介してくれるのです。
ですので保険会社のファイナンシャルプランナーよりも、ファイナンシャルプランナーの質を見極めなければいけないというのはあります。
FP相談をする前にまずは自分の相談をしようと思っている代理店は本当にいいファイナンシャルプランナーを保有しているのかを口コミなどで調べなければいけません。

保険代理店のFPにFP相談をするデメリットとは関連ページ

FP相談のデメリットは契約するときの手数料
FP相談をすることのデメリットは手数料にあります。 ただこの手数料は契約するときに保険料とはまた別にファイナンシャルプランナーに支払いをしなければいけないというものではありません。 保険代理店のFP相談をした場合には契約 [...]
FP相談のデメリットは保険の押し売り
FP相談をするデメリットで想定できるのは保険の押し売りです。 ファイナンシャルプランナーはお客様に保険の契約をしてもらうことによってお金がもらえるシステムになっています。また会社のほうからノルマが設定されている場合もある [...]
FP相談のデメリットはプラン内の保険のみの紹介
FP相談をするのはメリットだけしかないものと思われますが実はデメリットもあります。 それはプラン内の保険しか紹介してもらえないという点になります。 ただしこれは保険会社に所属しているファイナンシャルプランナーに相談した場 [...]