FP相談のデメリットは契約するときの手数料

*
FPに保険相談するメリットとデメリット > デメリット > FP相談のデメリットは契約するときの手数料

FP相談のデメリットは契約するときの手数料

FP相談をすることのデメリットは手数料にあります。
ただこの手数料は契約するときに保険料とはまた別にファイナンシャルプランナーに支払いをしなければいけないというものではありません。
保険代理店のFP相談をした場合には契約したときの保険料金の中にあらかじめ手数料が含まれているのです。
後で保険代理店は手数料を保険会社からもらうようになっているのです。
ですので保険代理店で契約をした場合には保険会社で契約をする場合に比べて保険料金が高くなってしまうこともあるのです。
しかしこれには一つの打開策があります。
相談をするだけでしたら無料でできるところが多いので、とりあえずは相談だけをしてみればいいのです。
そして実際に契約をするときには自分で保険会社のホームページなどにアクセスをしてそちらのほうから契約をすればいいのです。そうしますと相談料の分が上乗せされずに安い価格で保険に加入することができます。
ただ保険の手続きについては自分ですべてをしなければいけません。
それが面倒だというのでしたら保険代理店のほから契約をしてください。
ちなみにこのファイナンシャルプランナーに対する手数の料金というのはどの程度のものなのかというと、保険により違いがあります。ですので保険によってはあまり上乗せ料金にならないこともあります。
とりあえずこのようなデメリットもあるということを知ってからファイナンシャルプランナーに相談してください。

FP相談のデメリットは契約するときの手数料関連ページ

保険代理店のFPにFP相談をするデメリットとは
保険代理店のFPは多くの保険会社の中から相談者にぴったりの保険を紹介してくれますので、保険会社のFP相談よりもいいというイメージがあります。 しかしデメリットが何もないというわけではありません。 保険代理店では複数の会社 [...]
FP相談のデメリットは保険の押し売り
FP相談をするデメリットで想定できるのは保険の押し売りです。 ファイナンシャルプランナーはお客様に保険の契約をしてもらうことによってお金がもらえるシステムになっています。また会社のほうからノルマが設定されている場合もある [...]
FP相談のデメリットはプラン内の保険のみの紹介
FP相談をするのはメリットだけしかないものと思われますが実はデメリットもあります。 それはプラン内の保険しか紹介してもらえないという点になります。 ただしこれは保険会社に所属しているファイナンシャルプランナーに相談した場 [...]