保険会社のFPにFP相談をするデメリットとは

*
FPに保険相談するメリットとデメリット > 基礎知識 > 保険会社のFPにFP相談をするデメリットとは

保険会社のFPにFP相談をするデメリットとは

FP相談をしてから保険の契約をするのは今となっては常識です。
FP相談をすると有資格者により自分に合った保険を紹介してもらえるからです。
しかし保険会社のFPに相談をするとあるデメリットが生じます。
保険会社のファイナンシャルプランナーは絶対に自分の会社の商品しか紹介してくれないのです。
そもそも保険会社に雇われているからです。ですので選べる保険の範囲が限られてしまう可能性もあります。
もちろんその会社の保険が他の保険会社の保険よりも自分に適している場合には問題はありませんが、そうでない場合は損をしてしまいます。
ですのでできるだけ保険会社のファイナンシャルプランナーに相談をするのではなく、保険代理店のファイナンシャルプランナーに相談をするようにしてください。
そうすることによって多くの保険から選んでもらえます。
ただ保険代理店の場合でもその代理店で取り扱っている保険の中からになりますので取扱いしている保険の数が少ない場合にはそれほど得な保険を選べません。
ですのでできるだけ多くの保険を取り扱っている代理店を選ぶようにしてください。
ただ保険会社のファイナンシャルプランナーもデメリットしかないというわけではありません。
自分の保険会社の商品の中で一番いいものを確実に紹介してくれます。また保険会社の信頼で保険を選びたいという方にとっては、一つの信頼できる保険会社の中から選べるというのはメリットになります。